真言密教の真髄「加持・祈祷」で、あなたらしい質の高い人生を「清照」がお手伝い致します。

お加持

お加持

お加持(アディシュターナ)とは

弘法大師様が約1200年前に残された療法で、行者の体を通してご神仏の力を、患部に手をかざしながら放射状態で注入していく手法です。その手法は手先で感じる鍛錬をし、経験を重ねることによってのみ体得し成し遂げられます。

レイキとは違うのですか?

レイキや気功に良く似た手法ですが、 "カルマ"すなわち「業(ごう)」や「因縁」の領域まで踏み込む事ができ、霊障的な因果関係を根本から探り、またそれを断つ「法療」がミックスされ、ストレス等精神的な悩み事、体の不調など今起きている不安を取り除いていきます。
業や因縁の領域まで踏み込む場合、ご神仏からの指導が入り、行いを正していく、変えていくという事にもなります。

どこからパワーがでているのですか?

行者の手、主に人差し指・中指・薬指から出ています。
人差し指の波動は直線的で近距離に適し、中指の波打つ波動は遠くへ届き易く、薬指からは屈折した複雑な力強い波動が放射されます。
そのいずれかが、「あなた」に適応して法療力を発揮します。

お加持の時、心掛けている事は?

「明鏡止水」の邪念なく澄み切って落ち着いた心です。
お加持の力は行者の力ではありません。
大日如来様・不動明王様・お大師様はじめ、クライアントにご縁のある天なる方々のお力なので、お加持をさせて頂く行者は、その有難き天なるお力を100%、「あなた」にお渡しする事が役目です。
身体や空間も自然に浄化されます。

お加持を受ける側の心得は?

お加持は、「流す側」と「お受けになる側」が心を合わす事が大事です。
行者は『良くなって頂きたい』という祈りの念を発しますので、受け取る側もお心を開いて「良くなりたい」と念じて頂くと双方の祈りが合致し多くの効果が得られます。

その他

かん虫封じも承ります。



超法輪について

画像の説明 蓮伽代表が師事している松井光輪氏が管長を務める真言密教のお寺。

弘法大師様が約1200年前に残された「お加持」(アディシュターナ/梵:adhisthana)という療法を脈々と受け継ぎ、現在に伝えている数少ない真言宗の寺です。







powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional